ゆる日記

料理や家事についての発見、旅行記などなどを書いていくブログ

モデルルーム見学に行って新築マンション購入という選択肢がなくなった話

こんにちは。Jです。

かねてより我が家では「次引っ越すなら賃貸でなく、マンションを買おう」という話をしています。

そして、程よく貯金も出来てきたことだし、そろそろ、と思い、住みたいエリアにある新築マンションのモデルルームを見学に行きました。

今日はその感想や気付いたことを書いていきたいと思います。

 

モデルルーム見学の予約から

まずは予約をしなければということで。

SUUMOでネット予約しました。

三連休初日のお昼頃に予約をしましたが、その日の夕方には担当者の方からお電話をいただき、2日後(三連休最終日)に訪問決定。

個人的にはホットペッパービューティーみたいに、厳密にネット予約ができて、あとは確認メールを受け取るだけ、くらいの楽さだといいのになとか。

まあそんなに何十件も回らないからいいのかな。

 

いざモデルルームへお邪魔します

モデルルーム見学と言っても、見学させてもらって即帰宅、というわけにはいかず。

まずは営業さんのトークから。

建設予定地のエリア情報。他のエリアに比べての優位性。その上で、この物件の価格展開がどれだけの魅力なのか。

また、住宅ローンの返済プランもざっくりですが教えてもらいました。

…そういえば、特にマンションの構造についての説明はなかったです。

強度がどうとか、マンションの柱がどうとか。

次のマンション見学の時には訊いてみたい。

 

ついにお部屋を見学

そして長~いお話のあと(ためになりました!)、いよいよ物件見学へ。

モデルルームは、ちょうど真ん中の価格帯のお部屋ひとつ。

 

まず初めに気になったところ。

部屋の照明スイッチひとつひとつが我が家よりかなり低い位置にあるなと思って訊いてみたら、車椅子の方でも無理なく押せる場所として低めに設置されているとのこと。

今時のマンションは工夫がされているんだなあと感動しました。

 

廊下で感じた高級感は板張りによるもの。それはオプションとのこと。

お風呂はもちろん浴室乾燥機付き。これは今の家でも重宝しているのでぜひとも欲しい。合格。

(しかも高性能で段階調節のできるミストサウナが付いてるらしい。普通に付いてるんだな。すごい。使わないだろうけど。←)

主寝室のお部屋はえらくラグジュアリーで、照明やら壁面やら大体訊いたらオプションだった。

そしてメイン。LDKと横の一部屋を透明な引き戸で区切るスタイル。私の理想のやつ。間取り変更は問題ないけど引き戸はオシャレなやつはオプションらしい。

 

あと一番大切な、キッチン。ダイニング側に向いたオープンスタイル。デフォルトで食洗機付き。理想のまんま。

だけど、うーん。なんか、狭い。形は理想的だけど、新築マンションのキッチンってもっと広いと思ってた。

それが率直な感想でした。

 

モデルルーム見学後は付近の散策

モデルルームは建設予定地から少し離れた場所にあったため、見学後に歩いて予定地とその付近を歩いてみました。ポケモンやりながら。

何度か来たことのある街だったので大体分かっていましたが、住むことを念頭に歩いてみると、やっぱり違って見えるものもありました。

例えば、昼間だったら平気で歩いていたけれど、もし仕事帰りにここを通るとちょっと暗くて怖いかも、とか。子どもが小学校に通うとき、幹線道路を渡らないといけない、あ、でも歩道橋があるな、とか。スーパーが近くにないじゃないか!とか。一番買い物しやすいエリアへ行く道はずっと坂で、これベビーカー押して荷物持ってってなかなかだな、とか。

前日にグーグルマップで見ていたのですが、実際に歩いてみると、そんなに遠くないと思っていたところが遠かったり坂道だったり。そうかと思えば、予想以上に駅が近かったり人通りが多かったり(いい意味で)。

 

散策は結構参考になりました。

我が家で議論されたのは、「スーパー遠くないか」問題。

車持ってないし、自転車あっても坂道だし、2~3日に1回は行く場所だし、不便だと困るなと。

隣駅が大きい駅なので仕事帰りにそこに寄るもひとつ、と思いつつ、やっぱり「やべ、たまごないわ」ってなって5~10分で買って帰って来られるって大切ですよね。

特に、今住んでいる家が徒歩10分圏内に5件程スーパーがありまして。それぞれ特化している部分があるのでお魚の日はここ、野菜買いだめの日はここ、ちょっといい肉ならここ、って使い分けられるの重宝してるんです。

スーパーが遠い問題はこの物件と私たちの距離をも遠ざけましたね。

もし子持ち共働きになった時にも、外食するところは少なく、スーパーでお惣菜ということもしづらいとなると。うーん。(お惣菜生活なんて自炊以上に、スーパーが近くないと難しい)

 

全体的にほとんど不満もなく、立地を考えると価格も安いくらい。だけど

モデルルームを見てみて、資産として価値は高いなと思いましたし、そう思うと値段も全くもって高くない。むしろ安いと思った。

これは買いなのだと思いました。いずれ売ったり貸したりしても問題ないとも思います。

だけど。いい買い物だと思うけど、なんか欲しくない。

 

先述のスーパー問題はひとつ。(大阪に働きに出てそのままそこで外食して帰ってくるようなDINKS世代には問題ないのだろうけれど。駅近いし。ただそういう人ってここより福島とか本町に住むんじゃねとか。わざわざ神戸に住む意味。)

 

ただそれ以上に、この物件は手頃で(通勤に)便利で治安もよい、なのに何かモヤモヤする。でもそれが分からない。

そんな時、夫が言った一言でスッキリしました。

「悪口とかそういうつもりじゃなく、あのモデルルーム行った時ね、〇〇の家みたいだなって思った。」

「…それだ。」

知人が最近新築マンションを買ったのです。夫は、その家と同じ印象を抱いたってことです。

つまり言い換えると、【どこにでもあるよくある家】。

それは決して悪く言うつもりではなく、それこそが新築マンションなんだなってことなのです。

画一化され、オプション(とそれにかける予算)の範囲内でだけ自由の効く、箱。

そしてそれが、私たちが常々話したりイメージしていた【理想の家】と異なっていたということだけなのです。

 

「新築」だから、自由に柱を動かしたり、壁を壊したり、キッチンを新設することもできるというのは幻想で、それを実現するとなると、今度は予算の問題でそのマンションを買うことができなくなってしまう。 

 

つまり、私たちの思い描く【理想の家】は新築マンションにはないのだなという結論なのでした。

 

今は、中古マンションをリノベーションするのが一番の近道かなと思っています。

前々から中古マンションを考えてはいましたが、今回の見学を通して、改めて「新築がいい」という気持ちが薄れたので、我が家にとっていい経験になりました。

 

立地や広さ、価格などまだまだ検討の余地はありますが、自分たちの思い描く理想の家を、ふたりで作っていきたいなと思います。

とりあえず、物件検索と「理想」のブラッシュアップから始めたいと思います!